隣街ボーイズより

隣街ボーイズより愛を込めて

プリパラがめちゃくちゃ好きになった話

 

はいどうも、こんにちは。

地獄のような猛暑期間もようやく落ち着いてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてさて、今回の記事ですが表題ではなんかカッコつけてますが遥か前にMemorialのお渡し会に行ってからプリパラ見るぞ!と意気込んで数か月後、ついにプリパラ+アイドルタイムプリパラを視聴完了しましたので、それの振り返りを先日遊びに行ってきた

プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた! 大阪 夜の部

f:id:takeru0823:20180911011516p:plain

に準えて、振り返ってみようと思います。私は普通に雑魚なので中野には行けませんでした。

 

 

i☆Risのライブに行ったときの感想

そもそもの発端は当時芹澤の「片思いExpansion」にドはまりしてたらしくそこから芹澤の魅力に魅かれて~といった感じ。i☆Risに芹澤から入った人は大体推し変するらしいですが私は今でもセリコが大好きです。

tonarimachi-boy.hatenablog.com

 

では本題

やっていきましょう。

セトリはこちらのブログ様を参考にさせていだきました。

プリパラ&キラッとプリ☆チャン AUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた! 2018/09/09 大阪公演 セットリスト&簡易レポ - 日誌(WUG)

 

M1. キラッとスタート / Run Girls, Run! 

開演前は別に圧縮かかってないのに女オタクさんに押されて若干ヒリヒリしてましたが、Run Girls, Run!(以下ランガさん)がでてきてイントロのでーでーでーでーでーでっでが鳴ると満面の笑顔になってしまいました。

衣装の再現度がヤバイかったですね、エレキギターがめっちゃすこ。

ラスサビエディットだったのが笑いました。

ちなみにランガさんは10月半ばくらいから1stツアーがありますので皆様参加しましょう。

 

M2. プリマ☆ドンナ?メモリアル! / Run Girls, Run! 

『劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~』のED。

個人的には最後に持ってくるのかと思いましたが早々にきましたね。

プリティーシリーズの重要ワードが散りばめられている曲なので最エモ賞のはずなんですが、今回は練度不足というか後半に持ってくるには時期尚早感がありましたね。

まあ、結局ランガさんはプリチャンで全員キャラを持てたので今後に期待です。

 

閑話休題

イベントオープニング映像。出演キャラの絵とキャラ名・キャストを次々と紹介。

北条そふぃ役 萌黄えも役

久保田未夢

 

の文字列がめちゃくちゃ強くて笑ってしまいました。

 

M3. レディー・ アクション!/桃山みらい、萌黄えも (CV.林鼓子久保田未夢)

どうやら最初にプリチャンを持ってきて後にプリパラをやる構成ぽいですね。

ガールズエールのKRめっちゃ好きなのでその衣装で嬉しかったです。

正直、この後の展開が濃すぎてこの辺の記憶はもう曖昧なんですがたしかショートverにしてワン・ツー・スウィーツに繋げてて「お、繋ぎ上手いやん、DJか?」となっていました。DJ 桃山みらい。UNDER Freaks※¹ではいつでも出演希望お待ちしております。


M4. ワン・ツー・スウィーツ/みらい

【ターン・ツ・タタン・タルト・タタン!】

それはそうとプリパラって結構コールが難しいですね。

タルト・タタン!は作中でもフォーカスされてたワードだったので覚えていたのですがそれ以外は割とうろ覚えだったのでアイマスラブライブが如何に温室だったのか思い知らされました。


M5. スキスキセンサー/えも

あ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

好きだなあ、好き、スキスキセンサー、この世で最も間違いないのは間違いなくスキスキセンサーですよ。(いや、ほんとに)

何故か異常に萌黄えものことが好きなことで有名な私ですが、MV公開当時は何度も繰り返し再生していたのを思い出しましたね。

f:id:takeru0823:20180910222734p:plain

𝒎𝒂𝒋𝒊... 𝒚𝒂𝒃𝒂𝒊... 𝒎𝒂𝒄𝒉𝒊𝒈𝒂𝒊𝒏𝒂𝒊...


M6. Play Sound☆/赤城あんな、緑川さら (CV.芹澤優若井友希)

ヴぉえ、圧倒的俺好み。

最近プリチャンを見るたびに赤城あんなは芹澤優すぎて芹澤優をモチーフに誕生したのではないかと疑っていたのですが、舞台上の階段で座る動作をしたときに確信に変わってしまいましたね。i☆Risのライブでも似たような動作をしていました。

都合のいいタイミングででてくるギターはなんとでてきませんでした。残念。

f:id:takeru0823:20180910222338p:plain

▲都合のいいタイミングででてくるさらのギター(右)▲

 

M7.キラリ覚醒☆リインカーネーション/青葉りんか(CV.厚木那奈美

EDM(クールコーデが私を変える!)

フル尺はじめて聴きました。(多分今回が初披露?)最高でした。

厚木のクリアな声はエレクトリックのキラキラな感じと相性がいいですね。

アイカツフレンズもそうですが女児向けアニメは4つ打ちキラキラEDMにシーンをシフトしている感じがして私もこのシーンで幼少期を過ごしたかったなあと物思いに耽ります。

 

M8. SUPER CUTIE SUPER GIRL/みらい、えも、りんか

初めて見たときと同等以上に馬鹿でかい声でました。

初披露時のお揃いチアリーダーコーデを思い出して泣けてきました。

一応プリチャンは毎週欠かさず追ってるんですが現行のプリティーシリーズを追えるのは幸せ以外の何物でもないですね。

コールがめちゃくちゃ楽しいです、早く音源化してくれ、明日してくれ。

f:id:takeru0823:20180910224455p:plain

▲#脇を見せるな萌黄▲

 

ここから茶番。ドリームアイドルグランプリ最多勝を誇る三人が登場。ということは....

M9. ぱぴぷぺ☆POLICE!/真中らぁら、白玉みかん、ドロシー・ウエスト (CV.茜屋日海夏渡部優衣澁谷梓希)

異常に好きシリーズの一角。

オルスタだったのでサークルとか起きるのかビビッてましたがそんなことはなかったのでよかったです。

アニメだとらぁらが「次こそ逮捕だぁ~!(泣き)(毎回逃げられている)」を披露の度にやってるのが好きです。

ãããªãã©ããªã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

M10. でび&えん☆Reversible-Ring(s)/アロマゲドン[黒須あろま、白玉みかん (CV.牧野由依渡部優衣)]
M11. アメイジング・キャッスル/Gaarmageddon [あろま、みかん、ガァルル (CV.真田アサミ)]


プリパラのオタクは挙ってガァルマゲドン結成回が神だと言いますが(実際そう)、私はそれも踏まえて神アイドルグランプリファイナル編のDressingPafé戦が好きなんですわ。

f:id:takeru0823:20180911010119j:image

たまたま拾ったこのキャプ画、アロマゲドンもそうですが、ガァルルがまさかここまでになるなんて全然思ってなかったので明るい曲調に合わせて真剣に踊る姿は目に焼き付いています。

 

M12. シュガーレス×フレンド/NonSugar [真中のん、月川ちり、太陽ペッパー (CV.田中美海大森日雅山下七海)]

やはり、ノンシュガーなんすわ、そう叫ばずにはいられない。

Twitterとかで書くと怖い人に凄まれちゃうのであんま言わないですけど、実は最初ちりとペッパーがあんまり好きではありませんでした。

のんちゃんがこんなに頑張ってるのに!!って感じ笑

でもそういう確執を乗り越えてノンシュガーが団結した時はマジで腕組オタクになってました。

f:id:takeru0823:20180911010235j:image

公式が出してる€ビートREMIXのほうが好きなことは秘密です。


M13. かりすま~とGIRL☆ Yeah! (NonSugar ver.)/NonSugar

「かりすま~とGIRL☆ Yeah!は最強なんだ、絶対絶対誰にも負けないんだ...」

作中でのんがちりとライブ勝負することになったときに私の口から飛び出た意味不明なワードですが、まさかノンシュガーがアレンジありでカヴァーするとは、感慨深いですね。

田中が一人三役を演じてるのを見たかったのはありますが、これはこれでオッケーです。


M14. スパイシー♪ ホット*ケーキ!!! /NonSugar

新曲が来るのは早漏オタクのせいで知ってたんですが、それを込みでもぶち上ってまいりました。

シュガーレスのギターとリズムをしっかり踏襲してるのがいいですね。オタクが好きなバチバチのアップテンポです。

次回のライブには山下七海がWUGと被っているため欠席なので次はいつ聴けるんですかね。そもそもどの媒体でリリースするんだって感じですが。

 

M15. コノウタトマレイヒ/緑風ふわり (CV.佐藤あずさ)

前方の親子席で羊の被り物をしてるキッズがカメラにすっぱ抜かれてました。


M16. 純・アモーレ・愛/紫京院ひびき (CV.斎賀みつき)

最強ソング、圧倒的すぎてねじ伏せられました。

イントロでアイドルタイムプリパラのパラ宿に遊びに行く回でパラ宿全壊EDを思い出してします。

この曲といえば、作中で初披露の時にドリームシアターライブじゃないのにゴールドエアリーを発現させて何故か私が絶望していたのが印象的ですね。

ひびきは最初は孤高の強キャラで、一応は周りに弄られまくって丸くはなるものの、最後まで強キャラの風格を保っていたので好きです。

途中からトロッコに乗り出してゴールドエアリーで飛び回りながら高笑いするのを思い出しました。

f:id:takeru0823:20180911011039p:plain

▲これは勝てんなと思った▲

 

M17. Miss.プリオネア/華園しゅうか (CV.朝日奈丸佳)

ULTRA JAPANに迷い込んでしまいました。

f:id:takeru0823:20180911012004p:plain

▲ULTRA JAPANに迷い込んだ我々(イメージ)▲

アイドルタイムisマネーすぎる曲ですが、この曲は努力により裏打ちされた芯の通った華園しゅうかというキャラクターとそれを体現する歌詞、そして今風な四つ打ち曲というアイドルソングに必要な三拍子が揃った最強の曲だと思ってます。

血を吐くような努力をするところを見せびらかさず常に美しくあろうとする姿、とても小6には見えませんが死ぬほど好きです。

f:id:takeru0823:20180910234125p:plain

▲このポーズ好き▲


M18(夜). Believe MY DREAM!/ MY☆DREAM (ゆい・にの・みちる)

最終決戦を思い出して大泣きしましたね。プリパラあるあるのポピュリズム合唱、結構弱いです。

マイドリは最初は無印のキャラが好きすぎて三人にそこまで感情移入してなかったのですがみちるが融合した辺りからめっちゃ好きになってましたね。

出たので触れておくとみちるの融合回、めっちゃ好きなんですよね。

右肩が重いという伏線、なんかあるのかなと思ってたらミーチル(みちるの夢そのもの)をパックに奪われないためにみちるが守った結果だというのがアツすぎましたね。ここで初めてみちるにも夢というワードが結びつき後に結成するチーム名が「My☆DREAM」なのめっちゃいい。

「3人の夢みる力をひとつにすれば、オーロラより高く、明日のその向こうまで跳べる」

 

M19. サンシャイン・ベル/ファララ・ア・ラーム (CV.佐藤あずさ

佐藤あずさってふわりとファララを兼任してたんですね、可愛い。

思い出話をするとガァララのすた~らいとカーニバル☆はアニメに追いつく前にも結構好きだったので何回か聞きこんでいたのですが、がぁらふぁらんどの方は全く聴いていませんでした。

なのでがぁらふぁらんどは初見で粉々に粉砕されました。今でも脳みそが焼き切られるような感動を抱いたのを覚えています。

今回はサンシャイン・ベルで私は中野に行けないのでがぁらふぁらんどは聴けないのですが幻聴でガァララの声が聴こえてきてよかったわけじゃないけどいつか絶対聴きたいですね。

f:id:takeru0823:20180911000727p:plain

 

M20. 組曲フォーエバー フレンズ~第一楽章~「I FRIEND YOU!!」/SoLaMi♡SMILE [真中らぁら、南みれぃ、北条そふぃ (CV.茜屋日海夏芹澤優久保田未夢)]

本当にSoLaMi SMILEが大好きだった、シリーズ通して間違いなく一番好きなユニットです。

いい言葉がでてこないです、感謝しかない。

f:id:takeru0823:20180911002031p:plain

▲本当にSoLaMi♡SMILEが大好きだった▲

 

M21. Get-Over Dress-code/DressingPafé [東堂シオン、ドロシー・ウェスト、レオナ・ウェスト (CV.山北早紀澁谷梓希若井友希)]

最強、この日で一番跳んだ気がします。

今までのドレシの曲のメロディーを切り刻み繋げた特殊イントロからGODのギターソロイントロに繋げる究極のバケモン。

コールで今までの曲名やフレーズを叫んでいくんですが、自分が思っている以上に入れ込んでたみたいで叫ぶ度に涙がでました。

作中でも最高の使われ方でしたね、マジでかっこよすぎました。

 

f:id:takeru0823:20180911010305j:image

 


M22. Memorial/SoLaMi♡SMILE & DressingPafé

死ぬかと思いました。

f:id:takeru0823:20180911010327j:image

私はこの曲からプリパラに入ったので

「初めてのどきどき思い出して なにもかも輝いて無敵にだってなれた」

という歌詞にある通りこの曲中は無敵になりました。

なんかこの辺3曲はもっと書きたいことがあったはずなんですが全然でてこなくてワロてます。

 

M23. Make it!/全員

Make it! ドキドキするとき無敵でしょ
Make up! キラキラ未来で決まりでしょ
夢はもう夢じゃない 夢じゃない 夢じゃない

f:id:takeru0823:20180911010452j:image

 

プリパラ、マジで好きだ.......

 

 

以上、ライブの感想でした。

普段はライブの感想っていうと演者の脚がよかったとか変なこと書いてるんですが今回は割とまともに二次元アイドルのオタクをしてきましたって感じですね。

どれもマジで聴きたかった曲に違いなく構成も完璧なライブでしたが、まだ聴けて内局、私が聴かなければならない曲が山ほどあります。(例*ぷりっとぱ~ふぇくと)

これからはなるべく追っていけたらいいなと思います。

 

プリパラアニメは夏季休暇の時に短時間で一気に見たので結構記憶に残っててちょっとだけアニメの感想。

ギャグ多めでいかれてると思われがちですが「みんな友達、みんなアイドル」その理念が本当に大好きでした。

 

曲調がハマっている(酒井は神)のもあるんですが、脚本がめちゃくちゃ上手いと思います。

例えばみれぃとシオンの対比。

みれぃは廊下で鉢合わせて以来、チームとしては勝ったこともあるけど単騎で勝ったことはなかった。

ドリームアイドルグランプリ編でシオンが最高の環境でゴールドエアリーを発現する傍らで地下パラで自力で発現したみれぃはそこで初めてシオンに単騎で勝利できた。

その証拠としてドリームアロマゲドン。

あろまの初期構想はらぁら、ドロシー、シオン、アロマゲドンでしたが最終的にドリームアイドルグランプリを制したのはふれんど~る。構成はシオンとみれぃが入れ替わった形。

こじつけぽいですが、辻褄は合うのでこういう考え方をさせてくれたのも脚本の敏腕さが伺えますね。

 

後、アイドルタイムプリパラの最終決戦編。

これでもかというほどの思い出ボム連打。

ぷりっとぱ~ふぇくとを始めとした懐かしの楽曲から、GOD、Memorialといった今までの集大成系の新曲、完全に殺しに来てましたね。

大好きだった無印のキャラが大集合するのとか結構アツかったです。個人的に好きな赤ちゃん状態のジャニスが出てきたのも嬉しかったです。

 

なかなか落としどころがなくなってきたので最後に

一番好きなプリパラは84話『ポップ・ステップ・ぷりぷりぷり!』 です。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

でわっ!

 

 

 

 

 

※¹UNDER Freaks

風沢タケル主催、4つ打ちアニソン寄りオールジャンルDJイベント

DJが二次元アイドルを騙るアンダーグラウンド最前線が特徴