隣街ボーイズより

隣街ボーイズより愛を込めて〜not inorimachi〜

ラブライブサンシャイン聖地巡礼に行きます

あけましておめでとうございます。タケルです。

サンシャイナーの年です、今年もよろしくお願いします。

  

今Aqoursはファンミーティングと銘打って全国回ってるんですが、つい先日このファンミーティング福岡公演のチケットを握れたかと思ったら、在宅に思わぬ邪魔をされチケが爆散してしまいました。

そのおかげ(?)でお金が浮いたので沼津に行くことになりました。

 

前々から行きたいね〜とは思ってたんですが、あまり機会に恵まれなかったので行き損じてました。

で、今回めでたく初沼津ということでどこを回ろっかな〜という備忘録も兼ねてブログに書きました。

ついでにアニメも振り返れたらいいね。

※記事中のキャラ名は全員下の名前で統一してます。

 

 

 《内浦編》

1.十千万旅館

最低限ここだけは絶対行っておきたいな〜と思って列挙していったら何故か10個以上出てきてホンマに周れるんか沼津2018年になってしまいました。

さて、一つ目は言わずと知れた我らが主人公千歌の実家。安田屋旅館という名前だけ違いますが外観とかはそのままのモデルがあります。

宿をどこにするか、と話題になったとき真っ先にここしかない!と意見が合致してしまいました(高海千歌単推し部なので)。というわけで今回の旅の宿です。

f:id:takeru0823:20171231220657p:plain

▲1期1話より 千歌と曜が登校するシーン▲

 

2.三津海水浴場

千歌の実家の前にある海水浴場です。宿が安田屋旅館なのでわざわざ目的地にするまでもなく夜中とかにいつでも行けそうなのがいいですね。

個人的にはできるかな!?できる!!って叫びながらロンダートからのバク宙したいです(できません)。

f:id:takeru0823:20180101002645p:plain

▲2期6話より MIRACLE WAVEサビ前ロンダート→バク宙を決めるシーン▲

 

MIRACLE WAVE

MIRACLE WAVE

  • Aqours
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

が、やはり現実的なのは海の音を聴きに海に飛び込もうとして桟橋を駆け抜けて直前で止めてもらう〈あれ〉ですかね。 

オタクに裏切られたら文字通り内浦の藻屑となってしまいますが。

f:id:takeru0823:20180101132112p:plain
f:id:takeru0823:20180101132144p:plain
▲1期1話より 海に飛び込もうとする梨子とそれを止める千歌▲

朝方に紙飛行機を飛ばすのもアリです。※ゴミは持ち帰ろう! 

f:id:takeru0823:20180101132651p:plain

▲2期13話 閉校後日、紙飛行機を飛ばす千歌▲

 

3.島郷海水浴場

1期3話で有名なAqoursの名前が刻まれた浜辺です。

f:id:takeru0823:20180101000836p:plain

▲1期3話より スクゥ↑エイドォ↑の名前を決めかねている時に発見したダイヤがこっそり描いたAqoursの文字▲

勘違いされがちですが、三津海水浴場ではなくこっちの方でAqoursという名前が誕生しています。

 

まーーーーー、行きたい

 

ここは絶対晴れた日の夕方に行きたい。

なんでかと申しますと上記の名シーンもそうなんですが、これTVアニメ1期EDの「ユメ語るよりユメ歌おう」と2期EDの「勇気はどこに?君の胸に!」縁の場所なんですよね、(じもあいだなあ)。

f:id:takeru0823:20180101001127p:plain

▲1期EDより ラストカット▲

実は僕この2曲が非常に好き。ラブライブ!サンシャインのEDは1期2期両方共爽やかで元気のある曲調なのに一抹の哀愁を齎すんですよね。たまらなく好き。

「ユメ語るよりユメ歌おう」は2ndツアー埼玉初日では、号泣しながらお手製のぽんぽんを振り回しながら連番者と歌ったりした思い出もある曲です。 

 

「勇気はどこに?君の胸に!」に至っては2017年の楽曲10選にも加えるほどの信頼を寄せています。

 

tonarimachi-boy.hatenablog.com

 

勇気はどこに?君の胸に!

勇気はどこに?君の胸に!

  • Aqours
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

・・・

何故か楽曲派の顔つきになってました。すいません。

f:id:takeru0823:20180101005112p:plain

行くときは晴れてほしいですね。

  

4.松月

ここはあれですね、度々会合が開かれる喫茶店ですね。

f:id:takeru0823:20180101011646p:plain

▲1期6話より 内浦の魅力を発信するためのPVを作成するべく会議をするシーン▲

アニメを活用した聖地巡礼による地域活性化という観点で言えば、行きやすそうでそこそこの利益を生み出せそうな場所だなあとつくづく思ってます。

メニューや内観をパット見た印象だと、鼻息荒くして撮影するのもよさそうですが落ち着いて次の経路の確認とかするのもいいですね。

 

5.伊豆・三津シーパラダイス

最初の方で高海千歌単推し部とか言いましたが実は曜推しの僕としては、ここに行かずしておいそれと帰るわけにはいきません。シーパラは曜がセンターを務めるAqours2ndSG「恋になりたいAQUARIUM」の撮影地です。PV中はほぼずっとシーパラにいるので、どこを歩いても聖地巡礼になってしまう。うちっちーいるかな・・・

f:id:takeru0823:20180101013914p:plain

▲恋になりたいAQUARIUMより2:50頃▲

f:id:takeru0823:20180101014150p:plain

▲恋になりたいAQUARIUMより6:05頃 これ売ってるんですかね・・・▲

また、このシーパラという施設、2期4話の聖地でもあるのでダイヤちゃんも感じることができてしまう無敵の施設。

ちなみに全然関係ないですが、僕はこのシーパラでバイトをする時のダイヤの私服(両儀式配色と呼んでいる)がそれはもうハチャメチャに好き。

f:id:takeru0823:20180101015734p:plain

▲2期4話より ガン泣キッズたちを統制するダイヤちゃん▲
▲通称:両儀式配色▲

 

6.伊豆の国パノラマパーク

2期10話で鞠莉の回想ででてきた星にお祈りをするために幼少期3年生トリオが行った場所です。

f:id:takeru0823:20180101031402p:plain

▲2期10話より パノラマパークロープウェイに乗る幼少期3年生トリオ▲

僕ですね、実は2期10話が大好きなんですよ。後半のバスが空飛ぶシーンは笑ってしまいましたが、果南とダイヤがそれぞれがさらっとそれぞれの進路を告白するシーン。

 

エモの頂点です。

 

2期って始まった段階でもう緩やかに完結に向かってて、終わらせることで輝かせる「終焉の美学」な構成だと思ってます。正直これ書きながらもう泣きそうなんですが、その終焉をはっきりと僕の胸に突き刺してきたシーン。それが果南とダイヤが進路を告白するシーンです。

スクールアイドルの終わりと云えばやはり卒業が一つに上げられますね。その卒業をした後を具体的に3人の口から聞けたこと、そして「え、お前そんなこと考えとったん」と思わせるような内容、(特に果南、卒業後は完全にダイビングショップ即継承だと思ってました。)あまりにも明確に「ああ、終わるんだな」と実感させられると同時に、話し合いをせずに3人が3人それぞれ自分の進むべき道を決めていて何故か誇らしくなってしまいました。

その上で「いつか必ずまた一緒になれるように」そのために今は自分たちが決めた道を歩もうと決意する回、最高です。無限に泣いてしまいました。

話が大分逸れましたが、2期10話は特に思い入れが強いのでこの伊豆の国パノラマパークは絶対に行きたいですね。

f:id:takeru0823:20180101031626p:plain

▲2期10話より ロープウェイから降りた後に展望台へ向かうシーン▲



7.嫉妬ファイヤーの灯台

1期11話「友情ヨーソロー」という神回があるんですが、そこででてくる灯台です。

この記事書くために友情ヨーソローを見返してるんですがめちゃくちゃいい話すぎて見返す度に涙がでるんですよね、天晴

※曜がプールで「デッキブラシと云えば甲板磨き!となればこれです!」と言った直後に滑って転ける時の声が可愛すぎると僕の中で話題に

ラブライブの予備予選に出場することになったAqours、しかし梨子が東京のピアノコンクールに出場のため一旦抜け千歌と合わせるパートがある梨子のポジションに曜がつくことになるんですが、これがなかなかうまくいかない。

振り付け自体は曜が合わせることで解決したものの千歌とうまくいってない曜を見計らった鞠莉が「千歌っちを梨子にとられて嫉妬ファイヤ〜↑↓〜↑↓が燃え上がってたんじゃないの」と曜とサシで「ぶっちゃけトーク」をした場所です。

f:id:takeru0823:20180101113348p:plain

▲1期11話より 曜と鞠莉がサシで話した灯台▲

 

ようまりはある

 

千歌となにかをしたいと思ってた曜、そしてようやくスクールアイドルを一緒に始めたと思ったら東京から梨子がきて、千歌と一緒に曲を作ってそんな2人の周りに6人が集まって疎外感を感じている悩みを吐露する曜。そんな悩みに対して「なら本音でぶつかったほうがいいよ、大好きな友達に本音を言わずに2年間も無駄にしてしまった私が言うんだから間違いありまセン!」と回答する鞠莉。ようまりはあるなあ。

f:id:takeru0823:20180101113546p:plain

▲1期11話より ようまりはある▲


気づいたら何故かあらすじを書くだけの謎プレイしてますが、こんなに喋る曜を見ることができるのは2期含めても後にも先にも実はこの回しかないので、渡辺曜という女の子の一端を知ることのできる貴重なワンシーンです。活発な明るい女の子かと思いきや大好きな人を思う気持ちを持ってたり、嫉妬や疎外感を感じることができる誰よりも女の子らしい曜を好きになった時の気持ちは今でも覚えています。

ちなみに曜はこの回を境にショートツッコミをするだけの役に甘んじてしまい、渡辺曜お前が1番の会会長である僕も憤りを隠せない日々が続いてしまいましたが、2期11話の閉校祭で「始まりはここだったから」と千歌と笑い合うシーンだけで不遇の全てを許してしまいました。

劇中と同じく夕暮れ時に行きたい場所ですが、夕暮れ時に行きたい場所が多すぎて検討の余地があります。

 

8.渡辺家

前述と同じく1期11話にでてくる曜が住む家。曜の黒縁メガネを見れるのはこの家だけ!

f:id:takeru0823:20180101124811p:plain

▲1期11話より 渡辺家▲

ベランダで曜が先程あったように鞠莉の教え通りに本音をぶつけるべく色々妄想するシーン。

 

いいんだ、これが。

 

特に2つ目の妄想は声優の斉藤が事務所の公式HPに載せてる声質と近いもので、得意な声質なんだなと思うと趣深いものがあります。 日本の和の心です。

f:id:takeru0823:20180101121400p:plain

▲1期11話より 千歌への本音のぶつけ方を考える曜の2つめの妄想▲

この後、梨子から電話がかかってきて励ましてくれて流石にようりこだなあと余韻に浸ってたら、千歌が渡辺家まで自転車をかっとばしてきてようちかになってしまい大混乱です。

そして挿入歌の想いよひとつになれ 

想いよひとつになれ[第11話挿入歌(TVサイズ)]

想いよひとつになれ[第11話挿入歌(TVサイズ)]

  • 津島善子(CV.小林愛香), 国木田花丸(CV.高槻かなこ), 小原鞠莉(CV.鈴木愛奈), 黒澤ルビィ(CV.降幡愛), 高海千歌(CV.伊波杏樹), 松浦果南(CV.諏訪ななか), 黒澤ダイヤ(CV.小宮有紗) & 渡辺曜(CV.斉藤朱夏)
  • アニメ
  • provided courtesy of iTunes

想いよひとつになれ この時を待っていた

なにもかもが天才すぎる。言葉不要のエモがそこにある。

サビ前の「なにかを掴むことでなにかを諦めない」で例の上手くいかなかった振り付けも見事決まり、遠く離れた場所で戦う梨子のピアノも拍手喝采に終わり1話で課題を解決しきった濃密な回です。

f:id:takeru0823:20180101121314p:plain

▲1期11話より 想いよひとつになれサビ入りのカット▲

また話が逸れましたが渡辺家のモデルはどうやら喫茶店らしいので合間を縫っていけたらいいなーと思っていますが、普通の住宅街に位置してるので騒がずに行きたいね。

 

9.曜が釣りをしている灯台

G'sマガジンのエピソードでなぜかアジ釣りをしている曜のカットがあるんですが、そこの灯台です。隠れ渡辺曜聖地として有名(矛盾)な場所なので是非行きたいところではあります。アングルがわけわからないことになってるので写真撮影の際は気をつけたいですね。まあ、完全に変質者の類ですが。

f:id:takeru0823:20180101125609p:plain

▲電撃G’sマガジン」 2015年10月号より▲

 

 

《淡島編》

1.果南の実家

果南の実家であるダイビングショップです。モデルはカエル館という名の世界中のカエルが集うカエル博物館らしいです。聖地巡礼関係なしに普通に楽しそうな場所だ。

果南は推しではないのですがここの雰囲気がやけにお気に入りなので行ってみたいです。

ボンベ触りながら「小原家でしょ」って空を見ながら呟くかアイディアノートを追っかけて海へダイブのn番煎じをやります。

f:id:takeru0823:20180101131903p:plain
f:id:takeru0823:20180101131925p:plain
▲1期1話より 小原家でしょと呟く果南▲

f:id:takeru0823:20180101132937p:plain

▲2期6話より 旧Aqours時代のアイディアノートを投げ捨てる果南とそれを掴もうとする鞠莉▲

ここまで書いて気づいたんですが、なんか(一人)大喜利大会ぽくなってきて心身ともに危険を感じてきたので、〜しますってのは禁止でいきます。 

 

2.淡島神社

スクールアイドルと言えば〜〜〜神社の階段ダッシュ👆👆

f:id:takeru0823:20180101022655p:plain

▲1期4話より 特訓初日でバテる2年生組▲

という伝統を守って特訓場所に指定された神社。

淡島神社と言えば国木田花丸。国木田花丸と云えば淡島神社。古事記にもそう書いてあります。

同じく1期4話で花丸がダイヤにサシで「話をきいてあげてください」と言った場所には絶対行きたいですね。

ちなみに僕はこの話を見る度に花丸の健気さに胸を打たれて泣いてしまいます。

f:id:takeru0823:20180101023017p:plain

▲1期4話より ダイヤにルビィの話を聞いてくれるよう頼むシーン▲

 

3.淡島遊歩トンネル

2期10話で果南とダイヤがそれぞれの進路を告白するシーンの場所です。多分今回の旅で1番行きたいところかもしれない。詳細は 前述の通りです。

▲2期10話より 3年生がそれぞれの進路を告白しあうシーン▲

 

この記事書くために色々振り返ってたんですが、そういえば先日最終回を迎えたなと思うと思い出が蘇ってきて感慨深いですね。ラブライブサンシャインは9月の末くらいから本格的に追い始めたんですが、たった数ヶ月ではあるものの色々なものを与えてくれたなと、そんな作品でした。

そんなラブライブサンシャインを沼津で五感で感じ取れたらいいな、と思います。

最後に自分用のマップを置いておきます。打ってから気づいたんですが本気にならないと1日で全部周るの難しそうですねこれ・・・

では今日はこの辺りで

 ※当ブログでは、「ラブライブ!サンシャイン」の画像を著作権法第32条に定める研究上必然性のある引用をしています。なお、作品の著作権(画像も含む)は「©プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!及び2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! 」 にすべて帰属しますのでご注意下さい。

 

#サンシャイナー女子部